日通の単身パックの支払いはカード払いがおススメ

日通の単身パックの支払いはカード払いがおススメ!

 

引越し料金は、思ってる以上に高いので、
現金で払うよりカードで払ってポイントを貯めた方がいいですよ

 

現金で払うと値引きしてくれるなら、現金でもいいけど…
どうせ払うなら、少しでも得をした方がいいです。

 

日通で引越しでは、どんなポイントが貯まるのでしょうか?

 

JALマイレージバンク
ANAマイレージクラブ

この2つは100円で1マイルが貯まるようです。

 

Pontaカード

Pontaカードは100円(税抜)で2ポイント貯まります。

 

楽天カード

楽天スーパーポイントは100円(税抜)で2ポイント貯まります。

 

 

カードによる支払いは、見積もり時までに申告が必要!
見積もり以降にカード払いにしたいと言ってもダメなようです。
ここは、間違わないように注意してくださいね

 

せっかく高いお金を出して引越しをするのですから、
確実にポイントはGETしたいものです。

 

これらのポイントですが、純粋は引越し料金のみ対象です。
消費税や有料道路利用料、家電リサイクル料などは対象外のようなので、
対象金額は確認した方がよさそうですね

 

また、国内の引越しの場合のみ対象で、海外への引越しの場合には利用不可です。
ポイントが付かないのかカードが利用できないのかは不明ですので、
問い合わせた方がいいです。

 

最後にポイントの反映には、1〜2か月後のようです。

 

カードを利用すれば、楽をして引越し費用を少し節約できます。

 

 

>>単身パックで近距離の引越しがオトクなのか徹底検証!はこちらから

関連ページ

日通の単身パックの値段は?
日通の単身パックは安く引越しができると評判ですが、どれぐらいの値段で引越しができるのでしょうか?
日通の単身パック荷物は
日通の単身パックは、専用ボックスで荷物を運ぶサービスです。 あまり荷物は入りませんが、安く引越ができます。
日通の単身パックにも割引がある
日通の単身パックにはいくつかの割引があります。この割引を使って引越し費用を節約しましょう
日通の単身パックは日数がかかる
日通の単身パックは日数がかかります。 当日に引越しが完了するわけではなく、荷物は翌日以降に配達されます。
日通の単身パックで自転車は運べるか?
日通の単身パックは専用BOXに荷物を入れて、運ぶサービスなので、 自転車が専用BOXに入れば運んでもらえますが、ちょっと考える必要がありますね
日通の単身パックXはどんなサービス
日通の単身パックには、専用BOXを利用して引越しをする単身パックSとLの他に鉄道輸送を利用する単身パックXがあります。 その単身パックXはどんなサービスなのでしょうか?
日通の単身パック当日便
日通の単身パックは長距離の引越しプランですが、単身パック当日便は近距離の引越しプランです。 トラックを占有して引越しをします。
日通の単身パック評判
実際に引越しを依頼する業者の評判は気になるものですね 日通の単身パックがどんな評判かを調査してみました。
日通の単身パックは時間指定できる
日通の単身パックですが、宅配便と同じように時間帯を指定することができます。
日通の単身パックのサイズは
日通の単身パックは専用ボックスに荷物を入れて引越しをしますが、 その専用ボックスのサイズはどれぐらいなんでしょうか?
日通の単身パックはダンボールは必要?
日通の単身パックは専用ボックスに荷物を運びますが、ダンボールは必要なのでしょうか?
日通の単身パックをキャンセルしたらどうなる
日通の単身パックを当日、やむを得ない事情でキャンセルした場合はどうなるのでしょうか? 調査してみました。
日通の単身パックでハンガーボックスを使うと
引越しに便利なハンガーボックス。 日通の単身パックでもハンガーボックスを使うと便利なのか?それとも、邪魔になってしまうのか?
日通の単身パックで入りきらない時は?
日通の単身パックは専用コンテナに荷物を入れて引越しをしますが、 もし専用コンテナに入りきらない場合はどうしたらいいのでしょうか?
日通の単身パックは繁忙期で高くなる
引越しは繁忙期になると値段が高くなりますが、日通の単身パックでも繁忙期になると同じように値段が高くなります。 どれぐらい高くなるのでしょうか?
日通の単身パックでも梱包資材は使う
日通の単身パックなら専用BOXを利用するので、ダンボールなどの梱包資材が不要だと思われている方がいるようです。 しかし、小物や衣類、お皿などの食器類などの荷造りにダンボールは使います。
日通の単身パックでも荷造りは必要?
引越し準備で面倒なのが荷造りです。 日通の単身パックは専用コンテナに荷物を入れて引越しをしますが、荷造りは必要なのでしょうか?